農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00~18:00(5月~8月 6:30~、11月~1月 8:00~17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > ネギの種はどこに播く?地床と苗箱の長所と短所③

こいけやからのお知らせ

ネギの種はどこに播く?地床と苗箱の長所と短所③

2018/03/05

こんにちは!ねぎ栽培オンラインサポーターの石原です。
今回も、ネギの育苗方法の比較についてお伝えしていきます。

前回の記事はコチラ
初回の記事はコチラ


さて、さっそく苗箱育苗の長所と短所を見ていきましょう!

【苗箱育苗の長所】
・天候に左右されない。
・雑草が生えない。
・発芽が安定しやすい。
・苗が揃いやすい。
・数量を計画的に作れる。(チェーンポットCP303なら1反分(10a)で80枚作ればOK)


《地床育苗の短所をカバー》
苗箱育苗は、地床育苗の各種課題を改善できる長所になっていますね。
播種作業はどこでもできるので、屋内でやれば雨でもできます。
また、雑草の種が入っていない専用の培土を使うので、草の心配はありません。

《苗箱の方が苗は揃って生育しやすい》
さらに、ネギ苗は苗箱の中という均一な環境で育ちます。
良質な培土を使えば、肥料・水分といった条件もほぼ同じになるので、苗の育ち方も揃い、安定した苗作りができます。

《苗の揃いの良さは生育・収穫物の揃いの良さに繋がる》
ところで、なぜ私が苗の揃いにこだわるかと言うと、苗の揃いが生育や収穫物の揃いに繋がるからなのです。

効率よくネギを作ろうと思うと、同じ畑のネギはなるべく同じように生育した方が管理が楽になります。
この列のネギはまだ背が低いから土寄せできないけど、隣の列のネギは伸びてるからここだけ寄せよう...なんてことになると手間がかかりますよね?

定植時の苗の大きさがバラバラだと、後になってもその差は埋まらず、結果、非効率になってしまうのです。


さて、話が脱線してしまいました。
長くなってしまったので、今日はこれくらいにして、次回で苗箱育苗の短所を見てみましょう。


YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
ネギを上手く作りたい!
こいけやが提供する『ねぎ栽培オンラインサポート』なら、土づくり~収穫まで個別対応いたします。
深谷で70年かけて培ったネギの技術から、あなたに合った方法・資材でネギ栽培を具体的にサポート!
ねぎ栽培オンラインサポートページ

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ