農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 台風接近!夏にやむおえず土寄せする場合、絶対に気を付けてほしいポイント

こいけやからのお知らせ

台風接近!夏にやむおえず土寄せする場合、絶対に気を付けてほしいポイント

2018/07/26

こんにちは!
ねぎ栽培オンラインサポーターの石原です。
関東地方に台風が接近していますね。
時季外れな上に、なんだか見たことのないような進路で来るようで不気味です。(><;)


さて、台風前の予防策というと土寄せが一般的ですが、暑さが厳しい時期は土寄せをすると軟腐病のリスクがかなり高くなります。
できれば土は動かしたくないですが、どうしても土寄せする場合は、次のことに気を付けましょう。


①土寄せ前に農薬で必ず軟腐病の予防をする。
②土寄せは早朝の涼しい時間帯にする。
③襟は埋めないようにM字型に土寄せする。(襟を埋めてしまうと、そこから雑菌が入り病気になってしまいます。)


近々収穫を控えているような大きく育ったネギは、大風にあおられると倒れやすいです。
生育具合によって土寄せするかどうか決め、実施する場合は軟腐病のリスクをなるべく下げるように手を加えてあげましょう!


大雨対策に溝切も効果的です。
こちらの記事もどうぞ!↓↓↓
手軽にやりたい!ネギの排水対策

過去にご紹介した湿害対策についての記事も載せさせていただきます。
今やっておこう!ネギの湿害(根ぐされ)対策


商品のお見積り依頼など、各種お問い合わせはこちらからどうぞ


2018-06-17-09-21-35.jpg

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ