農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 春ネギの抽台を予測してみよう!

こいけやからのお知らせ

春ネギの抽台を予測してみよう!

2019/02/10

こんにちは!
ねぎ栽培オンラインサポーターの石原です。

立春を過ぎましたがまだまだ寒いですね。
立春後の寒い時期を余寒というそうで、余寒見舞を出す方もいるそうですよ。


さて、そんな季節になってくるとそろそろネギの抽台が気になってきます。
例年だとまだ早いのですが、今シーズンは暖冬だったためか、深谷では早くもネギ坊主(花芽)が控えたネギが出ています。

今月以降収穫する予定のネギがある方は、平均的な大きさの物を一本抜いて、葉を一枚ずつむいてみましょう。
もしネギ坊主の赤ちゃんが見えたら、そこまでの葉を数えることで抽台までの日数を予測できます。


2019-02-10-08-57-10.jpg
すでに展開している(外に出ている)外葉は除いて、1、2、3...と中心部に向かって数えていきます。
気温によりますが、今の時期、葉はおよそ10日で1枚展開するので、赤ちゃん坊主の位置までの葉数×10日=抽台時期となります。


早めにチェックをして、うっかり取り遅れた!ということがないようにしましょう。

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ