農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 今週末から少し寒いようです。【夏野菜苗は寒さが苦手!】

こいけやからのお知らせ

今週末から少し寒いようです。【夏野菜苗は寒さが苦手!】

2019/04/25

深谷は昨日、久しぶりにしっかりと雨が降りました。
今週末からはゴールデンウィークだし、苗を植えるぞ!と計画されている方も多いと思います。

気象庁によると、埼玉県の今週末の最低気温は約9度と、少し寒くなるようです。
190425tennki.PNG

霜が降りるほどではない気温ですが、夏野菜にとっては充分な寒さ。
活着(根付き)不良にもつながりかねないですし、例年、5月中旬くらいまでは遅霜のリスクもあります。
近日中に苗を植える方は、必ず保温対策もしておきましょう。

おすすめの素材は『不織布』。
10本以上植える方は、トンネルを作ってアイホッカを使用するのがおすすめです。

それより少ない本数の方は、テクテクキャップがおすすめ。
tekutekukyappu.jpg

不織布が袋状になっている物で、苗の周りに短い支柱を立て、苗1本当たり1袋かぶせ、裾を土で留めます。
マルチに植えている場合もかけ方は同じです。

寒さや霜対策になることはもちろんですが、風やアブラムシや鳥対策にもなるのでおすすめです。
また、ビニールほど中が高温にならないので、苗が焼けてしまう(高温障害)心配も少ないです。
忙しくてトンネルの換気(開け閉め)ができないという方にもぴったりですね。

収穫までできてこその苗を植える喜びだと思います。
ひと手間かけて、大切な苗を守ってあげてくださいね。
素敵な菜園ライフを~♪


【こちらの記事もあわせてどうぞ!】
【家庭菜園入門】堆肥は何のために使うの?
【家庭菜園入門】マルチを使うと何がいいの?
【家庭菜園入門】これから心配なアブラムシを1回の手間で長~く予防!

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ