農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 【曇天続き】ブロッコリーのべと病が出始めています!

こいけやからのお知らせ

【曇天続き】ブロッコリーのべと病が出始めています!

2019/09/05

9月に入り暑さも一段落してきましたが、深谷は最近曇天続き。
暑さも一段落・・・といっても、そこそこ気温があり湿度も高いので、野菜の病気のご相談が多いです。

―――――――――――――――――――――
早生のブロッコリーではべと病が出始めました
―――――――――――――――――――――
べと病は15度程度の比較的低温時に発生しやすい病気ですが、
◇湿度が高い
◇窒素分が多い・日照不足などで野菜が軟弱に育っている
といった条件が揃えば25度程度でも発生します。
過ごしやすい気温になってきたなと感じたら要注意です。
広がるのが早い病気なので、早めに農薬で予防しましょう。

――――――――――――――――――
ブロッコリーのべと病に登録がある農薬
――――――――――――――――――
◇フォリオゴールド
雨に強く高い予防効果が魅力。べと病の初期段階であれば治療効果もあります。
※治療効果とは新しい葉に病害が広がらないように止めるという意味です。病斑が出た葉は復活しません。

◇シグナムWDG
べと病と合わせて、近年問題になっている黒すす病の予防にも使えます。幅広い病害を抑えたい場合はこちらがおすすめ。
※タンクに水を必要量用意し、そこに少しずつ投入して溶かしてください。

――――――――――――――――――
肥料の管理から予防することもおすすめ
――――――――――――――――――
農薬と合わせて、病気が出にくい環境作りにも努めましょう。
こちらの記事に詳しく載っています。↓↓↓
気にしてますか?野菜の健康管理。肥料から始める病気予防!

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ