農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 【ネギ】新型ハモグリバエの被害が拡大中

こいけやからのお知らせ

【ネギ】新型ハモグリバエの被害が拡大中

2020/08/17

EfbvL23U8AAUjzB.jpg

ネギが4~5日の間に急に白く枯れてきたということはないでしょうか?
もしかしたら新型ハモグリバエ(B系統)のしわざかもしれません。

写真のように白いペンで書きなぐったような痕がたくさんついていたら可能性大!

やっかいなことに、従来のハモグリバエの薬剤では効かないことがあります。
爆発的に増え、抵抗性がつきやすいため、効果のある薬剤を早め・こまめにローテーション防除しましょう!

―――――――
おすすめ対策
―――――――
◎被害に遭う前の予防として
8月中・下旬に「ミネクトデュオ」(6kg/反)を株元散布

約1か月間効果が持続。
秋の長雨前にしておけば、長雨中に防除できなくなっても安心です。
ハモグリバエだけでなく、アザミウマ・ヨトウムシ・アブラムシも抑えます。


◎すでに症状が出ている人は即効性のある葉面散布を
<オススメ>
・ベネビアOD
・グレーシア乳剤

<その他効果があると言われている薬剤>
・アファームエクセラ
・コテツフロアブル
・プレバソンフロアブル

<上記の薬剤に混ぜると効果アップ>
・カスケード乳剤
・パダンSG水溶剤
・リーフガード

※葉の中にいるため、浸達性の高い展着剤「アプローチBI」を混用して下さい。


放っておくと、あっという間に葉を食い尽くされてしまいます。
ぜひ早めの防除をしてくださいね。

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ