農家の専門店こいけやは【農薬管理マスター・施肥技術指導員・シードアドバイザー】が居るお店です。(社)日本種苗協会会員のお店です。

お問い合せはこちらまでお気軽にどうぞ

TEL.048-583-2017

ご質問・お問い合わせはこちらから

営業時間:8:00〜18:00(5月〜8月 7:00〜、11月〜1月 8:00〜17:00) 休日:年末年始

こいけやホーム > こいけやからのお知らせ > 【進路が逸れても油断は禁物!】雨台風直後の対策【ネギ】

こいけやからのお知らせ

【進路が逸れても油断は禁物!】雨台風直後の対策【ネギ】

2020/10/10

台風14号が迫っております。
今回は、雨量の多い台風のようですので、現在の温度帯を考えると以下のリスクがありそうです。

倒伏の心配はなさそうで一安心、と何もしないでいると、後で病害対策に奔走することになるかもしれません。
ぜひ先手の対策を打っておきましょう!


【今回の台風で考えられるリスク】
■病害
泥はね&湿害&ダメージを受ける事により、病害のリスクがかなり高まると思われます。
しかも、現在は温度差が激しいため、ネギに発生するほとんどの病害が出る時期です...。

しかし、全てを気を付けるのは、かなり難しいため、特に、下記の病害に注意が必要かと思います。

・葉枯病
・べと病
・小菌核腐敗病
・黒腐菌核病
・軟腐病
(少し注意:白絹病、さび病)

■根腐れ
水が溜まってしまうと、まだ根腐れが起こりやすい時期です。

■生理障害
湿害&養分の流出&養分吸収の偏り(特にチッソ過多になりやすくなる)によって、生理障害がかなり起こりやすくなると考えられます。

つまり、ネギが弱体化するため、併せて病害にもかかりやすくなってしまいます...。

なお、大雨により、ネギの葉から微量要素が流出してしまうことが、研究で分かっているので、土からの養分の流出と合わせて、注意が必要です。


【台風直後のお奨め対策】
圃場に入れるようになったら、すぐに下記の対策で予防&リカバリーをされると良いかと思います。

■病害予防
◎バリダシン液剤(500倍)
軟腐・白絹の治療&予防効果。
ただし使用回数1回のため、使用してしまっている方はカッパーシン水和剤(1000倍)にしましょう。

◎シグナムWDG(1500倍)
軟腐以外の全般的な予防効果が期待できるため、セイビアーとフォリオゴールドの代わりになります。
ただし、黒腐菌核に対してはセイビアーの方が良いかと思います。
(シグナムの代わりの場合、「フォリオゴールド」+下記の「セイビアー」等の黒腐菌核対策の2つの混用がお奨めです。)

◎セイビアーフロアブル(1000倍)
黒腐菌核病と小菌核腐敗病予防の散布剤では一押しです。
白絹にも効くという噂が...
散布水量は、1反に300Lを推奨します。
(または、「パレードフロアブル」がお奨め。)

※台風後は減収のリスクが高いので、最低でも↑これら3つは入れて頂いた方が良いと思います。最低でも、軟腐系+シグナムの2つは散布した方が良いかと思います。


■回復系の液肥
上記の薬剤と混用して、即効性と回復力のある下記の『液肥』をお奨めいたします。

◎ペンタキープHyper (5000倍)
光合成促進系の代表的な液肥。弱っている時は、いち早く光合成能力を回復させることが先決となります(=光合成がしっかりできていれば、枯れることは少なくなります)

◎『鉄力トレプラス』(1000~2000倍)
ミネラル全般的に補充できます。(二価鉄&多種ミネラル入り)。また、光合成促進を補佐するので、ペンタキープとの相性も良いです。

◎『ホスカル』(1000倍)
亜リン酸(根張り向上、疫病やべと病対策)+カルシウム(根張り向上、軟腐病などの対策にも)なのでオススメです。


※これらの液肥も、冗談ではなく、台風後はかなり弱っていますし、これら3つも、農薬と一緒に入れて頂くと良いと思います。

コスト的に厳しい方は、最低でも、鉄力トレプラス等で、二価鉄&微量要素の補給は、された方が良いかと思います。
(なお、二価鉄により、根の呼吸が促進され、根腐れが軽減することが科学的に分かりましたので、酸素供給剤の代わりでもお奨めです。)


【その他】
・沢山の薬剤散布となってしまいますが、まだ、害虫のリスク(特にハモグリバエB系統やクロバネキノコバエ類)がありますので、殺虫剤も混用された方が良いかと思います。

・圃場を回れるようになりましたら、早めに水が溜まっている溝の手直しをすることをおすすめします。

・最後に、↓このような症状は出ていませんでしょうか?

hagare1.png hagare2.jpg

hagare3.jpg hagare4.png hagare5.png


これらは全て「葉枯病」です。
近年、中心葉や首元に出ることも多くあり、減収に繋がっている方も多いです。

上記の「シグナム」でも予防効果はありますが、なかなか防ぎきることは難しく、タイミングが重要だったり、根本的な対策も必要となります。

もし、根本対策について等、詳しく知りたい方は、↓こちらの「ネギ参謀」のホームページの「お問い合わせ・資料請求」より、必要事項をご入力の上、お問い合わせ内容に「葉枯病の資料ください」とお申しつけください。後日、メールにて対策方法をお送りいたします。

また、ブロンズプラン以上の会員になられた方には、このような緊急情報を、できる限りタイムリーにお届けいたします。
各種病害虫などの根本的な対策情報なども、随時お送りいたしますので、ぜひ、一度ご覧になってみてください。

ネギ参謀公式ホームページ

お知らせ一覧へ戻る

ページのトップヘ